授業風景

現役生専門大学受験塾

新着情報

hosi 2018年本科時間割は以下の通りです。体験授業は随時受けつけております。
お申しこみはお電話で!

トピック

hosi  土佐新高3の生徒が 高2の2017年通期学年順位で1位をとりました。

開願塾とは

生徒総数30,000人を超える関東大手予備校で培った受験指導のノウハウ。 郷里高知の意欲ある学生たちへ還元したいと考え、開願塾を開校しました。現役生には皆平等に限られた時間が与えられておりますが、時間の使い方や学習方法によって、勉強効率や吸収率が大きく変わってきます。開願塾では受験指導歴の長いプロ講師が、受験経験の無い現役生に無理なく、スムーズに実力を身につけてもらえるようカリキュラムを組み、授業をしております。本気で現役合格を果たしたいと考える学生を募集しております。

開願塾の魅力

開願塾の理念・考え方 現役での第一志望合格という高い目標を掲げてひたむきに努力を積み重ねていく覚悟のある生徒を募集しております。努力の過程の中で「学力・知識」を吸収し、その知識をもとに「問題発見力」「思考力」「伝達力」といったこれからの時代を生き抜くために必要な力を身につけてもらいたい。開願塾は夢に向かって努力をする生徒が、様々な力を身につけながら、自らの力で未来を切り開いていけるよう全力で応援します。
積立式カリキュラム開願塾では志望大学現役合格に向けて段階的にやらなくてはいけないことをカリキュラム化しております。どの科目についても必ず、第一段階(理解が必須となる内容の網羅)を終えた上で、第2,3段階(実際の入試問題を解く)の演習を行います。この形をとることで第2,3段階における演習の進捗効率と演習から得られる内容の吸収効率を大きく上げることができます。
第1段階《受験必須段階
センター試験・2次試験に関わらず、本格的な入試問題演習を開始する前に誰しもが必ずやらなくてはいけない内容を網羅していきます。各科目について必須となる内容の理解・知識を習得します。この段階を手厚く学習することで、第2段階・第3段階で学ぶ内容が効率よく吸収できます。
第2段階《標準入試問題実践演習段階
第一段階を終えた科目から過去問演習を行い、最終到達レベルを各自確認します。最終到達レベルが標準的な入試問題で構成されている大学については標準的な入試問題演習を行い、第一段階で身につけた理解や知識をより実践的な問題で出力しながら固めていきます。
第3段階《上級補正段階
過去問演習でより一層高いレベルの出題を確認した場合は、高度な内容の演習を行う必要があります。難関大学の入試問題では初見で解いたことのないと感じる入試問題が多々出題されます。正しい思考訓練・問題との向き合い方を身につけ、第一段階で身につけた理解や知識が使える状態にまで問題をかみくだいていく訓練をします。
(※)応用レベルの入試問題演習[第3段階]を行わなくてはならないのは以下の大学です。
国立旧帝大・一橋大学・東京工業大学・東京外大・国際教養大・筑波大・神戸大・医学部・薬学部・獣医学部
私立早稲田・慶応・医学部

積立式カリキュラム